スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリン POINT OF NO-RETURN(ネタバレ)

Category : 映画
キリン1
先日、念願の映画「キリン POINT OF NO-RETURN」を見てきました。

バイク好き(もしくは好きだった方)にはご存じの通り、この映画は東本昌平氏のマンガを原作としています。原作を知らなくても、バイク乗りの方はもちろん、バイクを知らない方が見ても、面白く感じると思います。

キリン2
首都高、東名、箱根のシーンはお約束で出てきますし、当然、1984年式ポルシェ911カレラ(930)、GSX1100S KATANA、GPZ900R Ninja、CB1100R、といった原作でおなじみの4輪&2輪が大画面で迫力の疾走シーンを展開するのも、この映画の魅力でしょう。

キリン3
残念なところは、東名での走行シーンは少し長すぎるところ。申し訳ないですが、バイク乗りの女性でもつまらなく感じると思います。

そうはいっても、久々に「バイクに乗ることの楽しみ、喜び、悲しみ、そしてその意味」に共感してしまい、バイクが欲しくなってきてしまいました。主人公が隼で芦ノ湖スカイラインを攻めるシーン(私の中では一番のベスト)がとどめとなります。バイクでこの映画を見に行こうとしている方は、電車で行った方がいろんな意味で安全です。

スポンサーサイト

テーマ : 邦画
ジャンル : 映画

『海猿』シリーズ番外編。

Category : 映画
$原宿と渋谷の間に間に-『海猿』シリーズ番外編
 あくまでも噂ですが、『海猿』シリーズ番外編が作られているそうです。噂にしてはよく出来たポスターです。



プロジェクト THE LAST MESSAGE 海猿 (ぴあMOOK)/著者不明

¥1,400
Amazon.co.jp

ナイト&デイ KNIGHT&DAY

Category : 映画
$原宿と渋谷の間に間に-ナイト&デイ  KNIGHT&DAY
 さっそく見に行ってきました。「ナイト&デイ KNIGHT&DAY」。
 楽しいエンターテインメントでした。クルマの車種はイマイチでしたが、カーアクションと007が方は必見です!なにより、トム・クルーズがカッコよすぎました。「MI4」も撮影中ということでしたから、トム旋風が再度来そうです。
 それにしても、ザルツブルグや南の島の風景がとても美しくて良かったなあ。
 しかし、キャメロン・ディアスの水着姿しか印象に残ってない岡安でした。



トム・クルーズ―非公認伝記/アンドリュー モートン

¥1,575
Amazon.co.jp

「アリス・イン・ワンダーランド」

Category : 映画
$原宿と渋谷の間に間に-「アリス・イン・ワンダーランド」
 今日は気晴らしに「アリス・イン・ワンダーランド」を観に行きました。
 ジョニー・デップが主演のように思えますが、やはりあくまでアリス(ミア・ワシコウスカ)が主役。彼女をティム・バートン夫人の赤の女王(ヘレナ・ボナム=カーター)がいじり倒します。
 ストーリーは妙に凝ってしまっているせいか、よく分かりませんでした。
 ただ、大スターのジョニー・デップがスターらしくない扮装で動き回るのにはビックリ。正直、何も言われなかったら誰だかわかりません。
 一応3Dで見ましたが、前売りを買っていても700円プラスで2,000円という高価ながら、思ったより映像は飛び出さず酔うだけでした。個人的には映画は2Dで充分だと思います。



不思議の国のアリス・オリジナル(全2巻)
ルイス・キャロル
書籍情報社
売り上げランキング: 3624
おすすめ度の平均: 5.0
5 色々な意味で素晴らしいです!
5 「不思議の国の住人のありさま」を覗かせてもらえるよ・・・
5 アリスが実在の少女だったなんて!
3 はじめてアリスを読みました
5 絵で見る



【ポイント10倍】全国送料無料オールモスト・アリスオムニバス

¥2,100
楽天
※モバイル非対応

映画「2012」(ややネタばれあり)

Category : 映画
$高田馬場まで通う係長の記-2012

 おもわず、先日公開された「2012」を観にいってしまいました。
 ノストラダムスの大予言に比べればかなりマイナーで、2軍扱いだった2012年人類滅亡説が、まさかこれほどの大作映画になるとは思いませんでした。 
 この映画は、予告編を見て「面白そう!」って思った人だけお薦めです。リアルに地球が壊れていく映像は本当怖くなってきます。話が進むにつれ、なぜか現代のベントレーが登場するのですが、音声認証でしかエンジンがかかりませんでした。本物もそうなのでしょうか?

 全体的には資本主義の矛盾を表現しているようにも感じましたが、世界的に景気を回復させるために、モノを購入するように煽っている映画とも思えました。なぜなら、この映画を観た人の1割でも「2012年までに地球が滅びそうだから、無理して好きなもの買っちゃおうか?」みたいな考えを起こすかもしれないからです。
 2012年までに相当無理してでもフェラーリ様買っちゃうか?そんな1割に入っている岡安でした。






2012地球大異変―科学が予言する文明の終焉/ローレンス E.ジョセフ

¥2,520
Amazon.co.jp
プロフィール

MICHI

Author:MICHI
FC2ブログへようこそ!

My SHOP

最新記事
最新コメント
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。