スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある経営コンサルティングの話

Category : ブログ
 個人的に、あまりコンサルティングの話は信用せず聞き流すのが私です。しかし、最近ある経営コンサルティングの方の話を聞いて妙に納得してしまいました。
 いろいろな経営者の方々を見てくると、よくない組織のトップはだいたい精神論と一般論が多いようです。言葉の聞こえは良いのですが、いつも同じ話を繰り返しているので部下も聞き飽きてくるそうです。結局何回話しても、何も話していないと同じなので効果無しという結果になるそうです。

 短い話でしたが、理解していそうで言われてみれば納得の話でした。

 このブログを読んでくださってる皆さんは、トップもしくは幹部候補の方々ばかりだと思います。
 部下に話す機会は多いと思うので、普段から文章を書いて話す練習をしていくことがますますのレベルアップにつながると思います。


スポンサーサイト

何とかなる

Category : ブログ

 第16代アメリカ合衆国大統領のリンカーンは商売で失敗し、測量士や軍人、弁護士をやってもパッとせず、仕方なく政治をやったら合衆国で1番尊敬される大統領になりました。


 電話を発明したベルは、最初は難聴だった妻のために補聴器を開発して失敗したことが、電話の発明につながりました。


 七転び八起き。人間諦めなければ何とかなるものですね。


 2011年になっても不景気が続くと思います。でも諦めないで生きていきましょう!



リンカーン演説集 (岩波文庫 白 12-1)/エイブラハム・リンカーン
¥588
Amazon.co.jp

私はツイッターよりブログ派

Category : ブログ
 最近は、ツイッターというものに押されて、ブログの旗色が悪いようです。実際に世界中で、ブログ全体の投稿数も参照数も急激に減少しているようです。確かに、ブログということになると少しは文章を書かなければ成り立ちませんし、日記なんて面倒くさいという人にとっては「つぶやき」なり「ぼやき」なり「さえずり」で済んでしまうものの方に行ってしまうのでしょう。
 しかし、「つぶやき」や「ぼやき」や「さえずり」では、思考という形をとるのが困難だと思いますし、読み返して自分を見直すということは出来ません。私は、時たま何年か前のブログを読んで「あー成長したな?。」とか「この考え方は全然変わってない。マズい!」など喜んだり反省したりします。
 なので、多少面倒でも、「ツイッターにしようかな?。」と考えている方は、日記orブログに踏みとどまるべきだと思います。



アメーバブログではじめるこだわりブログ (Ameba公式ガイド)/ブログメディア研究グループ

¥1,764
Amazon.co.jp

新幹線のグリーンだよ!

Category : ブログ
 東京?京都間、東京?名古屋間この2つの移動には、どんな有名人でも「新幹線のグリーン車」以上の移動手段がありません。
 中には、スーパーカーで東名をぶっ飛ばすという方もいるかもしれませんが、渋滞と事故の確率が高くなりまずは使わないでしょう。というわけで、大臣クラスの国会議員でも超有名タレントでも新幹線のグリーン車で普通に出くわすそうです。
 特に有名人を見るのが趣味の方は、追っかけをして交通費を無駄に使うより東京?名古屋間をグリーン車で往復したほうが得策かもしれません。ただし「サインをください。」という雰囲気ではありませんグリーン車は。



父の日《パパCar》★楽天ランキング入賞★愛車・電車・新幹線 「乗り物立体型バースデーケーキ5...

¥4,200
楽天

景気回復にはロボットしかない!

Category : ブログ
 私はクルマが大好き!!とはいっても若者がクルマに興味ない、買えないという現実があり、自動車産業は、そろそろ終焉を迎えようとしています。ガソリンからハイブリッド・電気に変わって、新ジャンルのクルマが生まれているじゃないか!と反論する方もいると思いますが、道路という地上を移動するのは変わりませんし、おまけに渋滞という状況が変わるわけもありません。早い話が大きな刺激がありません。
 その他産業のメーカーも、普通に生活するには十分な家電製品が有り余っており、頭打ちです。ダイソン社の羽の無い扇風機は確かに画期的ですが、電気代がかかるのは変わりませんし、普通の生活なら羽の付いている安い扇風機で十分です。立体テレビが開発されたとはいっても、単なる画像には変わりません。もし、爆発的に売れるとすれば匂いが出るテレビですが、それはまだまだ先のことになるでしょう。

 では、これから先、無理してでも買いたい、もしくは買ってみたいものは何なのでしょうか?

 個人的にはフェラーリ様ですが、全世界的に考えるとロボットでしょう。一般家庭向きの福祉用ロボット、家事専用ロボット、救助用ロボット、会話専用ロボットの生産を早く始めるべきです。インターネットが普及した現代では、人々は、自宅で過ごす時間が増えます。在宅勤務を取り入れる企業も増えています。高齢化社会では、人間の生活を補助するロボットが必要です。子供の世話をする育児ロボットも必要です。この状況を考えると、福祉用ロボット、家庭用ロボットが必須です。ロボットが普及すれば、老人ホームも保育園も不要になります。特に介護の仕事は給料は上がらないし激務となっており、求人をしても集まらないと聞きます。

 そもそも、新たな巨大な産業が生まれなかった為に、経済が頭打ちし、サブプライム問題が発生したとも考えられます。そうなると新しい産業の育成が必要です。政府は、既存の産業を支援するのではなく、新しい産業を支援すべきです。
 人型型ロボット開発は、防衛予算を投入してでも、メーカーに開発費として補助していいと思っています。
 福祉用ロボットは、既に開発されていますが、もっと、巨額の費用を投入して、本格的な人型ロボットを希望します。

 昭和30年代は、テレビやクルマを買うと近所の人が見に来たそうです。それだけ珍しく、「いつかは自分も買うぞ!」と働く意欲や夢にもなりました。
 しかし今はどうでしょう。フェラーリ様を購入した。100インチの壁かけテレビを買った。となっても「へー凄いね?。」で終わりで、よほど興味のある人でなければ見たいと思いません。
 ところが「ロボットを買った。」となれば、凄い気になる人が近所に多く出てくると思います。私だったら隣の家にアシモが納ロボットされただけでも興奮しますし、5分でもいいから見せてくださいとオーナーにお願いすると思います。

 「一家に一台のロボットを!」

 これがスローガンになる政権が早く誕生して欲しいものです。



お留守番ロボット ROBORIOR?ロボリアー【送料無料-0809】【66%OFF】【smtb...

¥99,750
楽天
プロフィール

MICHI

Author:MICHI
FC2ブログへようこそ!

My SHOP

最新記事
最新コメント
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。