スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キヤノンEOS学園

Category : 写真

ついに

カメラ教室へ行ってしまいました。


その名も

「キヤノンEOS学園」。

 

 

講師は日下潤一先生でした。

日下潤一先生


ある程度の自身はあったのですが

さすがプロ!

「なるほど?。」

と思うことをいろいろ話してくれました。


学んだこと

?撮る側は笑顔で。怖い顔だと写す人は笑わない。

?黒い服はかっこいいから着てるのではなくて、反射しないように黒色である。

?F8かF11(絞り値)がレンズの性能を一番引き出せる(そういう風にメーカーが作っている)。

?撮影テクよりピントが重要。1つのコンテストで2,000枚くらい応募が来るがピントが合ってるのは60枚前後。

 残りの1,940枚は、1次選考で落選。

?湿度50%以上でカメラの保管は危険。


これ以外にもたくさん学ぶことがありました。


次回は

撮影基礎コースでも行こうと思います。


キヤノンEOSデジタルRAW現像マスターブック―DPPの使い方 (Gakken Camera Mook)
スポンサーサイト

Comment

1 ■無題

プロの指導を受けられたんですね。
私は全く独学なのであっという間に
置いて行かれそうですね。
?から?は納得なのですが
?については白い服を着ていると
自らがレフ板代わりになって逆光撮影時には結構役立ちます。
プロのように何でもそろえられない
アマにはアマのテクニックがあります(笑)

2 ■tomyさん

いやいや、僕も初めて受けたですから?。w

プロはあくまでもレフ版にこだわっていましたね。(丸いやつ)

あとは黒い布を常に持ち歩いているようです。ショーウィンドーを撮影する時、反射しないように被るらしいです。
斜め45度ではなく、33.3度から撮るとベストショットのようです。
非公開コメント

プロフィール

MICHI

Author:MICHI
FC2ブログへようこそ!

My SHOP

最新記事
最新コメント
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。