スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M自動車の経費削減方法

Category : 問題

今は

どこのメーカーも

コスト削減に必死です。

しかし

M自動車の経費削減方法にはたまげました。


なんと本社の来客に対して

コーヒーやお茶の提供を取りやめ

ロビーも蛍光灯を一部取り外しているそうなのです。


こういうやり方は社員のモチベーションも凄く下がることと思います。

無駄な経費を省くことは当たり前ですけれども

自分達の都合でサービスが低下し

お客様の不利益になることがあってはいけないでしょう。


お客様へのお茶出しをやめる前に

もっと社内の身近なところで取り組むべき効率化が

まだあるのではないか

と思うのは私だけでしょうか?


その前に魅力あるクルマを出してもらいたいものです。

 

裁かれる三菱自動車/小林 秀之
Amazon.co.jp

リエナ販売館
スポンサーサイト

Comment

1 ■やはり

そんな考え方だから命に関るようなトラブルをおこすのです。(自動車の方ですが)
大体自分勝手な考えで今まで来られたのも、財閥時代の関係だけで引っ張ってたのでしょうけどこれからはもう無理ですよ。
多分今消えても、グループ社員とランEVOユーザー以外は惜しい!と言わないでしょう。

2 ■yari様

私もかつては株を持っていて、復活を応援している1人でした。
でもあいかわらうの経営体制が続くので、売却してしまいました。
やはりバックボーンがあるから安心だっていう気持ちのほうが強いんでしょうね。
確かに商事は強いですが・・・

3 ■企業の姿勢?

「コーヒーをお客様に出さない。」
これは企業の戒めをアピールしているのでは
ないでしょうかね。

最近は、なにもそこまでしなくても
いいんじゃない?って思う経費削減が
多いですね。

ホンダのバイクレース活動なんか
その内の1つですよ。

4 ■kojima様

土曜日からコメントありがとうございます!

戒めだとしたら、全く何も伝わっていないと思いますよ。

ホンダの新しい社長は、モータースポーツを復活させるそうですがいつなんでしょうね。

5 ■無題

おはようございます。

来客者にお茶のいっぱいも出さないなんてそれはどうかな?と思います。
こんな時代ですから皆で経費節減はしなきゃいけないとは思いますが、もっと身近な部分で出来る事があると思うんですよね。
手間を掛ければ割と出費が抑えられる事もありますから今一度見直ししていく事も大事だと思いますけど・・・

6 ■仁慧葡様

コメントありがとうございます!

結局、経費も大きいところを削らないと何もならないんですよね。
よく主婦でありがちなのが、スーパーの1円単位は真剣なのに、服などを買うときは1,000円くらいの差なんて何とも感じず、パ?っと使ってしまうパターンですね。
まずは大きい桁のところを見直しですね、私生活では。
非公開コメント

プロフィール

MICHI

Author:MICHI
FC2ブログへようこそ!

My SHOP

最新記事
最新コメント
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。