スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

広報紙づくり講習会に参加

Category : 仕事
true-読売新聞-2
 
今日は読売新聞が行っている「広報紙づくり講習会」に
小雨の中参加してきました。
個人的に新聞社はあまり好きではありませんが
実際に記事を書いている
プロの意見は聞いておきたかったのです。

場所は読売新聞東京本社。
参加者は約100名。

本来はPTAの広報委員向けの講習らしく
社内報向けにはちょっと物足りないかな?
と思っていたら
頷いてしまうことだらけでした。

講師を務めてくださった方は
読売新聞東京本社編成局編成センター長の鈴木恒雄氏。
 
高田馬場まで通う係長のブログ-読売新聞-1
 
テキストとして購入した
“広報紙づくり完全マニュアル”は殆ど使用せず
フリートーク調でわかりやすく解説してくれました。

例えば
?小学生が砂場でスコップを使って遊んでいる。?
このスコップに対して小さいものをイメージしましたか?
それとも大きいものをイメージしましたか?

ここが人間の常識の怖いところで

?スコップ→小さい シャベル→大きい
?スコップ→大きい シャベル→小さい

おおよそ2通りに意見が分かれるそうです。

となると例えは悪いですが
?遺体を、スコップで土を掘り返し埋めた。?
という記事があると

?なぜわざわざ小さいスコップを使うのか?
?遺体を埋めるくらいなら当然だろう。

と2つの解釈の読者が出てくるそうです。
いかに人それぞれの常識は違うかがわかります。

世間の常識非常識
とはよく聞きますけど
思い込みで決まってしまうものもあるんですね?。

いかに相手の立場で書かなければならないか
やさしい文章 = わかる文章
などたくさんのヒントがもらえました。
 
 
DTP・インターネット時代の広報紙・社内報のつくり方 (CK BOOKS)
丸山 尚 古賀 弘幸
中央経済社
売り上げランキング: 597003

 
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序 (EVANGELION:1.11) [Blu-ray]

Amazon.co.jp
スポンサーサイト

Comment

1 ■あのぅ・・・

突っ込みも、ボケもできない超高度学歴的な記事はつつしみましょう(笑)

2 ■Re:あのぅ・・・

>でいとな様

たまにはそれなりのブツを書かないと、立場が無いんです。(泣)

3 ■無題

文章を書くって言うのは、本当に難しいよね。

逆に文章を見れば、その人のアタマのレベルが結構分かっちゃうしw

今度今日の内容をレクチャーしてください。

4 ■Re:無題

>郵人S様

BBQレクチャーしましょう!w
おそらく酔っ払って終わりだけど。
非公開コメント

プロフィール

MICHI

Author:MICHI
FC2ブログへようこそ!

My SHOP

最新記事
最新コメント
カウンター
現在の閲覧者数
現在の閲覧者数:
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。